スポンサーリンク

【緊迫の津波中継】山内泉アナウンサーはどんな人?経歴を調査

山内泉 ニュース
山内泉
スポンサーリンク

2024年1月1日16時10分、令和6年能登半島地震が起きました。
被災された皆様のご無事をお祈り申し上げます。一人でも多くの方の命が助かりますように…。

この地震では同日16時22分、北海道から九州地方にかけて、日本海沿岸全域に大津波警報および津波注意報が発令されました。

この時、NHKで避難を呼びかけ続けたのが山内泉アナウンサーです。

山内泉アナウンサー
(C)NHK
スポンサーリンク

東日本大震災の教訓を活かした緊迫アナウンス

東日本大震災の津波で逃げ遅れ、多くの命が失われた経験から、TVでは非常時に強く非難を呼びかける方針をとりました。

平時から訓練を行い、今回図らずも実践の日となってしまったわけです。

地震発生から続々と津波警報の発令、現地との中継、そして津波到達の速報が入ってくる状況の中、山内アナは緊迫した声で

「今すぐ逃げてください!!」

「情報はラジオやスマートフォンでも入手できます。TVを見ていないで今すぐ避難してください!!」

と強い口調で、時には叫ぶようにして繰り返し伝え続けました。

このアナウンスに、ネット上で多くの賞賛が上がっています。

スポンサーリンク

山内泉アナウンサーってどんな人?

山内泉アナウンサーの経歴をご紹介します。

  • 生年月日:1994年(29-30歳)
  • 最終学歴:慶應義塾大学経済学部
  • 所属局:NHK 東京アナウンス室
  • 出演番組:「NHKニュース7」キャスター
         「音の風景」ナレーション
  • NHK入社:2017年4月
  • 配属 :2017年4月-2021年3月 金沢放送局
        2022年4月- 東京アナウンス室

採用時の配属は金沢放送局だったんですね。思い出のある土地が今回このような被害を受け、山内アナ自身も少なからず動揺があった事と思われます。

そんな中冷静さを失わず、効果的なアナウンスをされたプロ意識は素晴らしいですね。

スポンサーリンク

山内アナウンサーの趣味やプライベート

山内アナウンサーの趣味をご紹介します。

・好きな食べ物:牡蠣、生ハム、チーズ
・趣味や特技:カラオケ、旅行、サイクリング
・座右の銘:泣いて暮らすも一生 笑って暮らすも一生
・ちょっと自慢できる事:腹筋がかたいこと
サイクリングや腹筋の事を挙げているので、アクティブな方だという事がわかりますね。
慶應大学在学中に、文化祭でKeio Collectionというファッションショーのモデルを務めた経験もある程、その美貌は有名だったようです。
山内泉大学時代
(C)慶應熟成新聞
この写真が掲載された2015年のインタビューでは、ロシアの教会建築も好きで、語学もロシア語を選択。さらにサークル「ロシアの会」にも所属するロシア好きであるという事も語っています。
まさに才色兼備ですね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました