スポンサーリンク

大谷翔平ドジャース移籍で引越はする?距離感や移動時間を調査してみた

大谷翔平ドジャース移籍で引越しはする? ニュース
スポンサーリンク

連日多くの注目を集める大谷翔平選手の動向。
同じLAでの移籍とはいえ、今度のドジャースの通勤時間はエンゼルス時代より長くなります。

それに伴う引越しはあるのか?
具体的な位置関係や距離感も含めて調査しました。

スポンサーリンク

大谷選手の現住所はカリフォルニア州アーバイン

大谷選手の現在の住まいは、カリフォルニア州アーバインという街です。治安が良く、「全米の最も安全な都市」ランキングには毎年上位に入っています。

日本人が多く住んでおり、アシックス、シマノ、東芝、マツダ、マルちゃん、マルコメなど、日本企業の現地法人がある町でもあります。

大谷選手はこの町で、家賃50万円、3ベッドルームの1戸建てを借りて住んでいます。

100億円契約の彼が住むにはリーズナブルな家賃ですが、治安も良いエリアで3ベッドルームの広さであれば、十分快適に暮らせる環境であると言えます。

 

スポンサーリンク

ドジャースタジアムとアーバインの距離、所要時間は?

Google mapで確認すると
アーバインの町からエンゼルススタジアム12.1マイル(約19.5km)。車で14分です。

一方、ドジャースタジアムはアーバインから42.2マイル(約68km)で、車で40分の距離にあります。
丁度、エンゼルススタジアムを通り過ぎていく形になりますね。

しかもドジャースタジアムはロサンゼルスの中心部、交通渋滞がひどい事でも有名なエリアにあります。

Google mapは渋滞を想定しないで40分ですから、渋滞に巻き込まれたら2-3時間はかかってしまう事も想定されますね。

アーバインからの距離

Google map

 

スポンサーリンク

大谷選手のセキュリティなど考慮して引越すのが現実的か?

LA住民もうんざりの交通渋滞

エンゼルス・スタジアムはロサンゼルス郊外の比較的落ち着いたエリアであり、車で15分の距離なら多少の渋滞に遭ってもそこまでのダメージはないかもしれません。

しかし、郊外から都市部の中心へ向かっていく道は大変な混雑になる事が日常茶飯事と言われています。

現地在住の方によると、「時間通りに到着したいなら、余裕を見て1~2時間は早く出ないといけない」と言うほどです。

毎日通う事を考えると、片道1~2時間の渋滞を往復するのは心身ともにかなりの負担です。更に、苛立った他のドライバーとのトラブルに遭遇する可能性もありますから、渋滞にはまるのは避けた方が安全でしょう。

 

睡眠をしっかりとる大谷選手の生活には不向き

睡眠を毎日8~10時間はとるという大谷選手の生活リズムを考えると、毎日2時間~4時間を渋滞の茶中で過ごすのは非常に非効率です。

自由に動けない車内では体も休まりませんし、リラックスするにも限界があります。

こういった諸事情を合わせると、ドジャースタジアムの近くに引越すのが現実的と言えます。

 

スポンサーリンク

ドジャースタジアムから近いビバリーヒルズが有力か?

ドジャースタジアムから11.5マイル(約18.5km)の所に、高級住宅地で世界的に有名なビバリー・ヒルズがあります。

ビバリーヒルズ

Google map

大谷選手ほどのスターになると、最も懸念されるのはセキュリティです。

その点、ビバリーヒルズは超富裕層が多く住む場所なので、住民以外は開けられないゲートがあり、かなり安全だと言えます。

近隣住民も超富裕層のみなので、街を歩いていたら見知らぬファンが殺到、なんていう事も無いでしょう。大谷選手自身もリラックスして過ごせるかもしれません。

ビバリーヒルズ標識

何より渋滞による時間のロスが少ない、というのが良いですね。

球団も大谷選手を大切にする姿勢は明らかですから、大谷選手が希望すればすぐにでも引越せるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヌートバー選手の証言

侍JAPANの盟友であるヌートバー選手の証言によると、契約後大谷選手と連絡をとったところ

『プライバシーがほしいから引っ越さないと』と言っていた、との事でした。

すでに荷物の搬出が始まったようだ、という情報もあり、引越は確実なようですね!

スポンサーリンク

飼い始めたばかりの愛犬と共に引越か?

一部の意見では「飼い始めたばかりの犬を、すぐまた違う環境に移すのは良くないから引越さないのでは?」という意見も見られました。

大谷翔平とデコピン

写真:Getty Images
確かに、いつもと違う環境は犬にとってストレスになるという事実はあります。デコピンの心身のケア、そして大谷選手本人にとってベストな環境を整えていって欲しいですね!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました