スポンサーリンク

山本由伸のメジャー代理人ジョエル・ウルフって何者?報酬、経歴を調べてみた

ニュース
スポンサーリンク

山本由伸選手が大谷翔平選手と同じドジャースと契約し、連日大きなニュースになっています。

山本選手の代理人を務めたジョエル・ウルフ氏とは一体何者?調査しました。

スポンサーリンク

ウルフ氏はアメリカスポーツ界を代表する凄腕の代理人

Joel Wolfe

PHOTO BY COURTESY OF WASSERMAN MEDIA GROUP
名前:ジョエル・ウルフ (Joel Wolfe)
所属:ワッサーマン・メディア・グループ (Wasserman Media Group)
役職:執行副社長 兼 野球部門常務執行役員
2022年の報酬:5,800万ドル (約82.5億円)
生年月日:1970年6月18日 (52歳)
出身:米カリフォルニア州
ウルフ氏は、米国屈指のスポーツエージェンシーであるワッサーマン社の副社長であり、野球部門を率いる、いわゆる偉い人です。
千賀滉大選手、ダルビッシュ有選手の代理人も務めています。
そんな凄腕のエージェントが、今回の山本選手のメジャー入りを支えました。
スポンサーリンク

山本選手の契約の報酬は?上限5%の満額か

12年3億2500万ドル(約455億円)という異例の金額で契約した山本選手。この場合、契約をまとめたエージェントには5%を上限とした報酬が支払われます。

今回も、満額の5%、1,625万ドル (約23億円)がウルフ氏の報酬になると言われています。

Yoshinobu-Yamamoto-Agent-Joel-Wolfe

 

スポンサーリンク

ウルフ氏の経歴

名門カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)出身。

1991年のドラフトでオークランド・アスレチックに入団し、マイナーリーグでプレーしていました。

1997年、選手生活に幕を引き、彼のエージェントの会社であるテレム・アンド・カンパニーで代理人ビジネスの道に入りました。

昼間はビジネスを学び、夜間はロースクールに通う苦労人だったようです。ロヨラ・ロースクール・ロサンゼルスで法学博士号を取得しています。

代理人は弁護士資格を持つ人が多く、少なくともロースクールで学んでいる必要があるといいます。

スポンサーリンク

人柄は? クライアントや業界からの評判

現在ワッサーマン・メディア・グループの副会長を務めるテレム氏は、ウルフ氏についてこう評しています。

「献身的手信頼でき、常に礼儀正しく、約束を守る人」

常にクライアントを最優先に考え、長期的に選手に不利が無いような契約条項を付けたりと、しっかりとしたサポートからその地位を確立してきたようです。

これからも多くの日本人選手がメジャーで活躍できるよう、支えてほしいものですね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました