スポンサーリンク

AdoがTV初歌唱でロングヘアをなびかせ熱唱!ケージ型セットでシルエットのみ

Ado 芸能界
スポンサーリンク

2023年12月2日、日テレ系で放送の『ベストアーティスト2023』
のAdoさんが登場。
動画再生回数30億回のヒット曲「唱」と
ONE PIECE FILM REDの劇中歌「Tot Musica」
の2曲を熱唱しました。

スポンサーリンク

TVでもAdoらしくシルエットのみの出演、顔出しは無し

曲が始まると、バックライトを背にしたケージ型のセットが出現。
その中にボリュームのあるワンピース+パンツを合わせたスタイル、
ロングのストレートヘアのシルエットが映し出されました。

そして空間を大きく使い、堂々と踊りながら歌うAdoさんの姿が。
持ち味のがなりや、のびやかな高音は健在。
息遣いや音程の揺れから、録音などではなく
実際にその場で収録されたものと思われました。

スポンサーリンク

ネット上の反応は?

TV初パフォーマンスを終えて、ネット上は多くの賞賛コメントで溢れました。

「勝手にショートヘアだと思ってたのに、鬼ロングでビビってる!笑」
「めっちゃスタイル良い」
「上手いとか超越して凄い!」
「ライブの時のように踊りながらあの声はヤバイ️最高️」

沢山のポジティブな声がある一方、こんな声も。

「こんなに躍動感ある歌い方出来るのに、表に出ないのが勿体無い」
「やっぱりシルエットか…ちょっと期待して見てしまった…」

 

スポンサーリンク

ここまで「顔出しなし」を貫く理由は何?

2020年にメジャーデビューしてからずっと、顔出しをせずに活動しているAdoさん。
ネット上には過去に組んでいたユニットの時の素顔写真も出回っていますが、
それでもTV出演は声のみ。ライブではシルエットのみを見せる演出を貫いてきました。

ここまで貫く理由は、彼女がVtuberの出身だから。
Vtuberは素顔を出さずに
アバターやアニメ画像を映して歌声を届けるスタイルで活動します。
その文化をいまも尊重しているという理由からです。

Adoさんのデビュー2年目までの楽曲はどれも、
Vtuber界隈が主戦場のボカロP(ボーカロイドソフトを使って楽曲を制作するアーティスト)が手がけた楽曲ばかりです。

彼女が、ボカロPや歌い手の世界に愛着とリスペクトを持っている証ですね。

3年目からは映画の劇中歌や、あのVaundyの楽曲提供などがあり
様々な曲を歌っていますが、どれも彼女の歌唱力で
見事に歌いこなしています。




スポンサーリンク

紅白もシルエットのみ出演か?

2023年の紅白歌合戦にも出演がきまっているAdoさん、
紅白の大舞台にもシルエットのみの出演なのでしょうか・・・?

視聴者としては、「あの歌声で魅せる歌手の素顔を見てみたい」
と思うのは自然な願いだと思いますが、果たして…?

Wilipediaによると、Adoさん本人の言葉としてこう掲載されています。

根暗で自信がない

通常の歌手では無く「歌い手」の道を選んだのも自分の姿が商品になることに抵抗があったから

この思いをふまえると
紅白歌合戦もシルエットでの出演となりそうだと予想しています。

更に、紅白のツイッターにはこんなメッセージも。

あえて『一人の歌い手として』という表現をするという事は、

顔を出さない歌い手である事の再確認の意思もあるかもしれませんね!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました